可愛いコスメ.com

cosmetics happy !!(* ˘ ³˘)♡*

久々更新。~私にとってコスメとは、そして情報が反乱する世界でのコスメ選びとは~

こんばんは。更新途絶えてました。おまけに不具合でしばらくこのページ見れませんでした、すみません。全く気付いておらず、フォロワー様から指摘されて気づいたという、なんという馬鹿っぷり!不具合ある間にこんな主婦の戯言blogを覗いてくださった方、ありがとうございます、そしてごめんなさい。そして復旧して嬉しいです、と何人かのフォロワー様が仰ってくださり本当に嬉しかったです。

 

更新が途絶えた理由は、2つ。

理由①は飽き性と怠惰な性格の為。これ半分。はい、おバカ。

理由②について今回話してみようと思います。レポでも何でもなく、只の自分語りなんで情報もクソもないし、ウザイ方は読まないでくださいね。

f:id:cocoacoco06:20190517052955j:image

(内容と関係ない)

 

年末から、突然敏感肌になり、やっと良くなってきた!と思った矢先の2月に大好きなNARSのインケースでお肌がかぶれるという事態になりまして、改めて今まで以上に「…コスメとは…?」と考える機会が増えました。NARSでの1件も結局、私の肌質の変化が原因なので、よりシンプルケアを徹底したと共に、ベース以外も石鹸で落とせるミネラルコスメにしました。(アイシャドウがどうとか言うより、とにかくクレンジング負担を軽減したかった。)

 

幸い、お肌の調子は戻ってきました。そして、素晴らしいかな、この御時世、ミネラル系コスメも、それなりに充実してまして、「普通に」メイクするにはまぁ問題はないです。本当に。コスメキッチンさん、ガチありがとうですよ。そして、スキンケアも自分に合ったブランドや物さえ把握できれば「普通に」日常のルーティン作業として朝晩5分で終わります。

 

でも、それは本当に味気無くて、何も塗ってない食パンを永遠に食べてるようなそんな気分で毎日過ごしていました。自分のお肌の為とは言え、全く面白くないんです。

 

そして、Twitterやインスタ等で新しいコスメの情報等が出ても「…可愛い!」からの「…今使えない…、使うの怖い、また荒れるかもしれない」という完全片思い状態。そうなると、TLを追うのが切なかったりして、ちょっとだけ脳味噌にミュートかけてました。切なくて。なので、少しコスメと距離置きたい部分もあって更新渋ってました。これが理由②です。

f:id:cocoacoco06:20190517053331j:image

 

スキンケアやメイクって当然人それぞれスタンスが違うと思います。日常生活のルーティンとしてやってる方もいれば、好きな人に好かれたい、モテたい、愛されたい、又は昔バカにしてきた人を見返したい、etc…。人の数だけ意味もあり、不正解はないと思います。 

 

…で。私の場合。スキンケアもメイクも何か目的があって過程としてやっているわけでなく、その行為や時間が癒しであり、趣味であり、楽しみだったようです。(…で、発散できなかったその結果、最近、香水アロマ沼の看板が見えてきました、…どちゃくそ深そう!)

 

上手く説明できないのですが、良い香りに包まれて、くるくると指先を動かし、ゆっくりクリームでクレンジングする恍惚感とか、美容液のスポイトから1滴1滴手の平に水滴を落とす時間の優雅さだったり。メイクで言えば、コーデやTPOに合わせて色を選ぶ愉しさや、瞼にグラデーションが出来ていく過程や、アイライナーで目尻をはね上げる瞬間、濃いリップを塗った後のキリリと引き締まった気持ち…、等々。(別に肌が綺麗なわけでなく、メイクも上手いわけではない。ぶっちゃけ常人以下ですがね。鼻にメス入れなきゃブサイクは治らなさげやし、緩やかに加齢に抗うことに徹底します)

 

幸い、使える商品の幅も増えてスキンケアもメイクも少し楽しめるようになりました。改めて、コスメ好きだなぁと感じてます。なんかちょっといい経験したかも。まだ海外商品には若干不安があって、連日使用は怖いんだけど、少しずつ前みたいに楽しみたい。

 

さてはて、話題変わりますが、以前からも書いてますが、コスメ選びについてです。これ、本当に気をつけて欲しいと思います。SNSインフルエンサーにしても、コスメ系の化学知識がある方、化粧品メーカー、医者にしても傾倒し過ぎることなかれ、です。皮膚は半分死んでる特殊組織らしく、トラブルや加齢に大して今んとこ絶対的な正解がない。皮膚科医のblogとか読んでいても人によって言ってることが違います。

 

だから安易に鵜呑みにしないで欲しい。スキンケア系で「最高の~!」とか「むきタマゴみたいな肌」とか「毛穴が死滅した」とか誇張した表現がされている商品ほど、1回自分で調べて、よく検討した方がよい。また、企業も「お肌に優しい」とか銘打って実はそうではなかったりします。RTといいねの数で自分の正解が決まるわけではない。インフルエンサーやと(ステマではない限り)言ってる本人に悪意はないんでしょうし、素人が殆どで、好きなこと書いて何ら問題はない。企業側は売らなきゃいけないので、まぁ魅力的なキャッチ書くわな。…なので、これはある程度は受け手側の知識と経験と心構えですよね。私も適当なことは言わないように気はつけてはいるんだけど、知らず知らず誇張表現を使ってたらごめんなさい。(カラーメイク系の誇張表現は大好きです、みんなラメや偏光やツヤへの感動の表現が多種多様でめっちゃ面白い!)

 

お肌って刻一刻と状況が変わるので、自分は大丈夫って過信が一番怖いですし、その都度見直して、情報をupdateし(美容や医療系情報の真偽って時代で覆ります&技術や商品は常に更新されてます)、自分なりに最善を掴むしかないんですよね。難しいなー。そして何か大きなトラブルが起きたら病院だわ。病院。スキンケアじゃなくて病院。ちゃんとした皮膚科に行くべし!

 

とりあえず化粧品成分調べられるサイトを2つ貼っときます。だからって私が成分に詳しいわけでもないし、成分が全てではないことも補足しときます。

 

化粧品成分オンライン

化粧品成分オンライン

美肌マニア

化粧品成分データサイト | 美肌マニア

 

基本的に成分数が多い物や、クレンジング、洗顔、日焼け止めはより気をつけて…。

まぁ、最後は自分の経験値とブランドとの相性や一かバチかの賭けになるんですが、参考になれば幸いです。

 

何だか、何が言いたいんだかわからなくなってしまったんだけど、コスメやメイクに関して考える良い期間にはなりました。今後も向き合い方は変われども、今まで以上に心地好く趣味を謳歌したい所存です。

 

ではでは、またねー。

 

ここあここ。